協会について

協会について

会長ご挨拶

富士吉田ミネラルウォーター保全協会は、富士山の地下水の「保全」と「ブランド育成」を大きな目的として2016年5月に設立いたしました。 富士山の地下には豊富な地下水が蓄えられており、多くの方々の生活を潤しています。特に、富士山北麓に位置する富士吉田市の地下水は水質が非常にきれいで、希少成分であるバナジウムを豊富に含んでいることでも知られています。 当協会は、富士山の地下水が有する固有の価値を広く知らしめる活動を進めるとともに、この地下水が多くの方々の生活を潤し続けられるよう、行政と連携を図りながら保全活動を行ってまいります。

富士吉田ミネラルウォーター保全協会
会長 粟井 英朗

設立趣旨

山梨県はミネラルウォーターの出荷量が全国1位であり、中でも富士吉田市では、富士山麓でも最もきれいな天然水が採水されます。現在、富士山の天然水の固有の価値が国民に十全に認知されているとは言えず、富士吉田市内のミネラルウォーター企業が、利害を超えて環境の保全とブランドの育成に取り組むことが求められております。本協会では、富士山の天然水の価値を高めるため、環境保全を含めた地域貢献に取り組み、ミネラルウォーター産業の健全な発展を目指すとともに、富士吉田市の活性化を目指してまいります。

▪活動内容

①富士山の天然水の固有の価値を明らかにするための調査・研究・情報収集
②富士山の天然水の固有の価値に関する広報活動
③富士山の天然水の固有の価値を維持・向上するために必要な環境保全に関する調査・研究・情報収集
※会員有志が特別基金を拠出し、調査・研究・情報収集に特化した機関を立ち上げる。(例:「地下水位の観測」「地下水の放射性物質、硝酸・亜硝酸態窒素、重金属などからの汚染対策」「地下水・容器・包装材料の環境ホルモン対策」など)
④富士山の天然水の固有の価値を維持・向上するための地下水の涵養・保全を含めた環境保全活動及び行政における環境保全活動への協力
(例:「植林や鳥獣害防止等の森林環境保全活動」「富士山清掃活動や富士山美化活動」「行政における地下水水位及び水質調査」「河川水質調査等への協力」など)
⑤ウォータービジネス企業のイメージ向上のための地域貢献活動及び広報活動
(例:「環境保全」「景観保全活動」「湧水や水辺環境の整備」「河川浄化」「下水道整備等への協力」など)
⑥富士山の天然水の固有の価値の維持・向上のための行政関係機関への具申
⑦富士山の天然水の固有の価値の維持・向上のための行政関係機関との連携
⑧その他、目的達成に必要な活動

協会概要

名称富士吉田ミネラルウォーター保全協会
所在地〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田4961-1
役員会長:粟井 英朗(富士山の銘水㈱ 代表取締役社長)
副会長:武井 道雄(プレミアムウォーター㈱ 取締役)
監事:児玉 文利(ウォーターワン㈱ 取締役工場長)
事務局長:花田 雄介(富士山の銘水㈱ 取締役生産本部長)
規約こちらよりダウンロードしてご覧ください。
問い合わせ先mail : info@fujiyoshida-hozen.org

© Mt. Fuji Springs Inc. All Rights Reserved.